静岡県の外壁塗装の事ならトータルメンテナンス

top_001
塗装の種類と説明

外壁塗料には異なる特徴を持ったさまざまな種類があることをご存知でしょうか?
仕上がりを見ただけではどんな違いがあるのかわかりませんが、塗料の性能面や耐久性の違いはその後の塗り替えの頻度や外壁塗装の劣化に大きな影響を与えるので覚えておきましょう。

外壁塗装は、塗料によって性能、耐久年数が違います。
塗料の種類も様々で、その1つ1つに特徴があります。
『では何を基準に選べば良いか』となりますよね。
建物の状況や現状の悩み、 今後の計画や経済性など多くの基準がありますが、家を長持ちさせるには「耐久性」が高い塗料を使うのが一番の近道です。

水性型塗料と溶剤型塗料

塗料には数多くの種類があり、塗料を大きく分けると、水性型塗料と溶剤型塗料に分けられます。
水に溶ける塗料を水性型塗料、シンナーで溶け る塗料を溶剤型塗料といいます。
マジックなどの、水性インクと油性インクの違いだと覚えておきましよう。
水性系塗料
水性系塗料は、取り扱いがしやすく、作業性に優れています。
また、価格も溶剤系に比べ安く、臭いもしないという利点があります。
欠点は、耐久性、耐候性が溶剤系に比べると悪いという点です。
溶剤系塗料
溶剤系塗料は、耐久性、耐候性に非常に優れており、車や船、家具などの生活で使われているほとんどが溶剤系塗料が使われています。
欠点は、水性系塗料に比べ扱いにくく、作業性が悪い、価格が高い、シンナーの臭いがするといった点です。

塗り替えのポイントは「最適な塗料を選ぶこと」

各メーカーの良質な塗料が多数用意されている昨今の業界市場。
ひとえに塗料と言っても、アクリルやウレタンなど、実は様々な種類があります。
そして、それらの塗料はそれぞれの特性を備えています。
適材適所という言葉がありますが、塗料にも種類によって塗るのに適した箇所が異なってくるのです。

あなたの住まいにぴったりの塗料選びを

「塗料の耐久性=塗り替え時期」ではありません。
耐久年数の限界に達する前に計画性を持って塗り替えが行えれば、外壁塗装の美観を維持できるだけでなく、建物の劣化を未然に防ぐことができます。
外壁塗装を塗り替える目的は、美観の維持だけではないのです。
住まいのメンテナンスサイクルにも影響を与えるものですから、カラーリングや予算だけでなく、さまざまな観点から塗料選びをする必要があります。


主要な4塗料の比較

こちらでは、現在普及している主要な外壁塗料4種類の特徴を比較しながらご説明します。
現在、市場で普及している塗料は、アクリル・ウレタン・シリコン・遮熱などが挙げられます。
ここでは価格や耐久年数などの目安と、それぞれの特徴についてご説明します。
こちらに記載のない塗料に関しても、ご質問などがあればお答えいたします。


【アクリル系】塗り替え時期の目安:3年~5年
最もポピュラーな塗料といえばこれ。
新築住宅などでは指定がなければ、ほとんどがアクリル系の塗料が使用されています。
多少汚れやすくクラックが生じやすい面があります。
値段が安く、定期的に塗り替えを楽しみたい方向きの塗料。
ただし紫外線に弱く、耐久年数が短いものがほとんど。
最近の主流ではありませんが、数年先に建て替えの予定があったり、塗り替えサイクルを短くして気分を変えたりしたい方に気軽に使っていただける塗料です。
リーズナブルな価格は魅力ですが、耐久年数が短いといった弱点も。
しかし現在では、成分である樹脂の純度をあげ、耐用年数の長いものも出てきています。



【ウレタン系】塗り替え時期の目安:5年~8年
アクリル系塗料の欠点を補うためにつくられた塗料で、アクリル系より塗膜が柔らかく仕上がり、下地の動きによく追随してくれる塗料です。
コストと性能のバランスから、戸建住宅の塗料としていちばん勧められる塗料と言えるかもしれません。
一般的によく使われる塗料で価格と機能のバランスが良い塗料。
アクリル系塗料よりも汚れにくく、塗膜に弾力があるため耐久性・施工性に優れています。
ヒビ割れが起こりにくいのがメリット。
アクリルよりも耐久年数が長く、光沢のある仕上がりが特徴的。
やわらかくて密着度が高いので、細部の塗装や、下地に使用するのにも適しています。



【シリコン系】塗り替え時期の目安:8年~10年
価格・性能で、ウレタン系とさほど変わらないことが多いですが、一般的にはウレタン系より汚れにくいと言えるでしょう。
価格と機能のバランスが良い塗料。カラーバリエーションも豊富。
紫外線に強く、防汚性が高く、ウレタン系塗料よりも耐久性に優れているのが特徴です。
近年、住宅の外壁塗装の塗り替えはこのシリコン系塗料が主流となってきています。
汚れの付着や色落ちが少なく、防かび性・防藻性にも優れています。
ウレタンよりも高価ですが、最もコストパフォーマンスの高い塗料です。
メリットは、耐久性と価格のバランスが良いところ。
防カビなどの各種機能を備えたものが多いのも特徴です。



【遮熱塗料】塗り替え時期の目安:15年~20年
遮熱塗料は、外壁より屋根材の塗料として採用されることが多い塗料。
住宅の外装全体の耐久性を考えて塗装にこだわる場合でも、屋根を遮熱塗装とし外壁部はシリコン系で止めておくバランスでも十分です。塗膜の耐久性は、トップクラスとなります。
耐久性を優先する方にオススメ。
長期間にわたり変退色、艶引けがなく、耐久性において最高レベル。
4つの主要な塗料の中でも特に耐久性があります。
そのぶん価格は高めですが、塗り替える頻度が少なくなるため、長期的に見ればコストがかからずおすすめの塗料です。
商業施設や大型ビルなどで多く使用され、光沢感や防汚性も高く、これから住宅の外壁塗装の主流を担う塗料といえるでしょう。
高くても長持ち重視の方や、屋根の塗り替えにはオススメです。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!
外壁塗装の重要性
塗り替えのタイミング
塗装の種類と説明
優良業者の選び方
施工事例
良くある質問
お問い合わせ

〒410-0873
静岡県沼津市大諏訪645
TEL : 055-928-5566
FAX : 055-928-5577
営業時間:9:00〜18:00